転職活動、就職活動のお役にたてば、、

転職しようかなと考えても、いざ何から始めればいいのかわからない。手のつけ方がわからないという事はないでしょうか?そんな時は、かつての就活を思い出して振り返ってみてはいかがでしょう。
 
企業の情報収集(企業研究や業界研究)、自己分析からのエントリーシート作成や履歴書作成、合同説明会情報、面接対策、就活セミナー、マナー教育。あの頃は、就職活動を勝ち抜くために、事前に情報収集をして、あらかじめ「就職のしくみ」をよく理解していたはずです。
 
かつての就活を振り返りながら、転職活動をすすめてはいかがでしょうか?
もちろん、転職ですから求められるキャリアや【必須条件】がある場合が多いのですが、迷ったら、そこも含めて「企業を知る」ところから始めるましょう。
 
本サイト「転職:求人情報」では、これから転職を始める人、今、転職活動をしている人に役立つ情報を集めていければと考えています。少しでもお役に立てれば幸いです。

転職活動の情報収集

企業を知ることから始めよう

まずは企業を知る事がファーストステップです。求人サイト、転職サイト、各種セミナー、企業見学会、説明会いろいろ情報収集の方法があります。転職活動、就職活動を始めるにあたって、まずは情報収集をして企業、業界研究をしましょう。

履歴書、エントリーシート

求人サイト

まずは企業を見てみよう

求人サイト、転職サイトは、各種条件や職種などによって細かく分かれている事が多く、運営している会社によっても得手不得手があります。

転職活動に役立つグッズ

転職の本、履歴書他

転職も戦略をたててしっかり行うために、役立つ書籍やグッズを集めました。

 

履歴書、エントリーシート

 エントリーシート、履歴書、職務経歴書

まずは自己分析から

書き方覚えてますか?就職活動に絶対必要な履歴書、そして転職では職務経歴書が必要になります。履歴書や職務経歴書を書く上での注意点やポイントなどをまとめています。

 服装やマナー

就職活動にふさわしい身だしなみを

就職活動にふさわしい身だしなみやマナーは大丈夫ですか?いざ面接の場に行って、周りの方々をみて不安にならない様に、しっかりと準備しておきましょう。

 


転職活動の情報収集

転職活動の事前の準備、あるいは転職活動を始めたけど、どこを受ければ良いか分からなくなってしまった人など、かつての就職活動と同じ様に企業の情報を集め、整理する事から始めましょう。また、一緒に自己分析をし、自分自身を把握することも大事です(学生の頃の就活で行ったのではないでしょうか)。
また、登録する事でいろいろ無料のサポートを受ける事もできます。特に、専門性の高い職業への転職の場合、転職エージェントのサポートを受けられると、心強いかもしれません。
 

1、まずは「リクナビ」「マイナビ」を見てみよう

業界の分別や、どの様な業界にどの様な企業があるのか分別してみましょう。自分の「やりたい仕事」対比した現状が見えてくるはずです。ただ、企業の情報や実態を全く知らない所から、これを始めると意外に難しく、戸惑ってしまうことも多々あります。なので、まずは「リクナビ」「マイナビ」などに登録して、どんな企業があるのか、どういう業種があるのか、難しく考えず見ることから初めてはどうでしょうか。

転職・求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】


リクルートが運営する転職、中途採用、求人情報サイトです。豊富な新着求人、スカウト、ITエンジニア専用の転職サイトもあります。
 

20代第二新卒専門の転職は【マイナビジョブ20's】

 

『マイナビジョブ20's』は20代・第二新卒の若年層に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートします。
 

 

職種別、キャリア別、条件別でもっと詳しく求人サイトを知りたい方はこちら
 
  求人サイト 一覧


2、やりたい仕事を把握しよう

1と並列して行いたいのが、自己分析です。学生の頃はかなりの時間を費やしたと思うのですが、転職の時はあまり考えない方が多い様です。しかし、実はかなり重要で、転職先をうまく探せない方は、やりたい事や探してるものが、あまりはっきりしていない事が多い様です。学生の頃を思い出し、1の企業情報収集と共に自己分析をして、方向性を明確にしましょう。これをしっかりやっておけば、履歴書や面接でも役に立ちます。
 
・まずは自分が「何が好きか」「興味のあるものは何か」「やりたい事は何か」を書き出してみましょう。頭の中で考えているつもりでも、実はあやふやになってはっきりしていないことが多く、書き出してみることで自分の気持ちの整理もできます
 
・次に、その「好きなもの」「興味のあるもの」「やりたいこと」の周りにどういう仕事があるか書き出してみましょう。その対象物に関して「つくる」「販売する」「使う」「教える」など、いろんなアプローチがあります。例えば、車が好きな人なら、車を作るだけなく、その部品を作る仕事もありますし、カー用品の販売や運転、あるいは教習などもあります。また、「電気自動車」「コンピューターによる自動運転」なども考慮すれば、もっと様々な仕事の種類を上げることができます。まずは柔軟にリストアップしましょう。
 
・リストアップしたものを大まかに業界に分けましょう。少し難しいですが、「リクナビ」や「マイナビ」などの分け方などを参考にすると、幾つかの山に分けられると思います。そして、その業界を基準に、対象企業を書き出していきましょう。